留学広場 > 留学の手引き > 初心者必見!空港での手続きの流れ

2019-04-06

初心者必見!空港での手続きの流れ

空港での手続きの流れをご存知でしょうか?
 
はじめて海外に行く人や、飛行機を使ったことがないという方には、何をしたらいいのかわからないものだと思います。

実は、日本や海外の空港で飛行機に乗って飛び立つまでの流れは、基本的には世界中で同じです。おおまかな流れを知ってしまえば、自分が何をしているのか、次に何をするのかわかるので、比較的安心して渡航できると思います。
 
今回は、出国から入国までの流れをざっくりと整理してみたいと思います。
 
 

出国の流れ

日本を出るまでの流れです。
広い空港の中で、到着したら一体何をして進んでいくのか、ポイントをお伝えします。

 

■空港へ到着

ご自宅から空港へ向かいます。
2時間前までには空港へ到着しておく必要があります。
混雑する時期などは手続きに時間がかかることもあるので慣れていない人は3時間前くらいでもいいと思います。
 

■搭乗手続き

空港についたらまずやることが搭乗手続きです。
チェックインということもあります。
簡単に言うと「受付」みたいなイメージです。
ホテルや旅館についたらフロントに行って、予約の確認と、荷物を預けて、鍵を貰いますよね。
それと似たような感じで、チェックインカウンターに行って、予約とパスポートの確認をして、大きな荷物を預けて、航空券を受けとる流れです。
 
1:チェックインカウンターへ
予約した航空会社のチェックインカウンターに行きます。
受付開始時間などが決まっていたりすることもありますので、スタッフの方に確認してください。
基本的には並んで順番に対応してもらいます。
 
2:順番が来たらパスポートと予約票を渡す
パスポートと航空券の予約票などを一緒にスタッフの方に渡します。
すると、予約の確認とパスポートチェックや本人確認をしてくれます。
 
3:おおきな荷物を預ける
飛行機に預けるスーツケースなどの荷物がある場合は、この時点で預けることになります。
もし飛行機の中に持ち込みたいものがあるなら、並ぶ前に出しておきます。
航空会社によっては、寄託荷物の重さ制限があったり、重さによって料金が変わるので、カバンの重さを計ります。
その後、カバンに目印のシールを貼られ、ベルトコンベアにのせて回収されます。
自分の手元に戻ってくるのは、基本的には現地に到着したときですのでご注意ください。
 
4:航空券を受け取る
最後に、航空券を発見してもらい受け取ります。
基本的には片道の分だけです。帰りの分は、帰りの時にもらいます。
航空券はその後ずーっと使いますので、大事に保管してください。
 
 

■セキュリティチェック

チェックインが済んだら、つぎにいままでのエリアと異なる場所にすすみます。
ハイジャックなど危険防止のため、本格的な手荷物検査とボディチェック必要になるので、セキュリティチェックのゲートをとおります。
よくテレビなどで、金属の反応で止められるやつです。
 
1:セキュリティチェックエリアに移動
いくつかの列があるので、好きなところに並びます。
混雑しているときは、空いているところに並ばないと時間がかかります。
搭乗券をスタッフの方に渡します。
 
2:手荷物検査
ゲートが近づいてくると、カゴがつまれているので、カゴをとります。
カゴは手荷物検査機を通過させるので、カバンやPC、ケータイ、アクセサリーやベルトなどをのせておきます。
何を出すのかなどは、近くに案内の看板が立ってるので、確認してください。
順番が来たらベルトコンベアにのせて通過させます。
何かしら反応があれば、呼び止められて指示があるので従いましょう。
 
3:ボディチェック
ゲートを歩いて一人ずつ通過します。
指輪や時計、ネックレスなどをつけたままだと止められます。
ジャケットやカーディガンもぬぐように指示されます。

手荷物、ボディチェックともにOKであれば次にすすみます。
 
 

■税関手続き

普段は気にしないですが、日本と海外には、もののやり取りについていろんな法律があります。
そのため、輸入・輸出が禁止・規制されているものに該当しないかなどのチェックするために、税関を通過する必要があります。
100万円相当額を超える現金や、時計やネックレスなどの外国製品などを持ち出す場合は、税関へ申告が必要となります。
 
1:税関カウンターで所定の用紙に記入して手続きを行ってください。
詳しくは財務省のサイトをご確認ください。
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/
 
 

■出国審査

税関を通過すると、次は出国審査です。
「日本出ていいよ」という承認を得る場所です。
承認してもらうと、パスポートに出国スタンプが押されます。
顔認証ゲート及び自動化ゲートを利用した場合には、パスポートにスタンプ(証印)されません。
 
1:出国審査カウンターでパスポートと搭乗券をスタッフの方に渡す。
パスポートと搭乗券の確認をしてもらいます。
 
2:質問があれば答える
「出国の目的」「期間」などいくつか質問されることがあります。
聞かれたら「留学です」などありのままを簡潔に答えてください。
一通り終われば、だいたい「いっていいよ」とけっこうあっさり言われると思います。
何も言わずに、パスポートと搭乗券を返されることもありますが、その場合は「OK」ということです。
 
 

■搭乗ゲート

出国審査を通過したら、あとは飛行機の時間を待って、乗り込むだけです。
搭乗までの待ち時間に、免税売店などで買い物したり、お茶したり、寝たりと自由に過ごせます。
搭乗開始の時間は決まっています。電光掲示板に搭乗開始時間が書いてあったりしますので、確認しておきましょう。
搭乗ゲートが遠い場合などもあるので、時間には気を付けてください。
時間になったら、搭乗券のバーコードを機械に読み込ませて、飛行機に乗り込みます。
 
 

入国の流れ

飛行機が現地の空港についてから、空港を出るまでの流れです。
基本的には、人の流れに沿って進めば出られますが、何をしたらいいのか知っていると知らないでは安心感が全く違います。
 

■空港へ到着

飛行機が現地の空港に到着したら、シートベルト着用のランプが消えるまで座って待ちます。
ランプが消えたら、自分の手荷物を持って、飛行機を降ります。
みんな一斉に降りていくので、順番待ちで時間がかかったりします。
忘れ物がないように気を付けましょう。
 

■入国審査

入国してもいいかを審査官にチェックされます。
 
1:入国審査カウンターへ移動
飛行機を出たら、入国審査のカウンターまで歩きます。
カウンターはいくつかありますので、どこか好きなところに並びます。
 
2:必要なものを審査官に出す
基本的には、パスポートと搭乗券を提出します。
国によっては、飛行機の中で渡される入国カードという書類があります。
渡された場合は必要事項を飛行機の中で記入しておきましょう。
書き方などは事前に調べておくか、シートに書き方見本がある場合がほとんどです。
 
3:質問に答える
出国審査と同じで、何か質問されることがあります。
だいたい「目的」や「期間」くらいしか聞かれないです。
簡潔に答えるようにしましょう。
問題なければ、パスポートに入国スタンプを押してもらえます。
 
 

■手荷物受取

日本のチェックインカウンターで、飛行機にスーツケースなどの荷物を預けた方は、ここで荷物を受け取ります。
「Baggage Claim」などの表示を探して、指示通りに進みます。
到着すると、ベルトコンベアみたいな機械がいつくかならんでいます。
掲示板に、飛行機の便名などが書いてあるので、自分の乗ってきた飛行機の便名があるところで待機しましょう。
荷物は、飛行機が到着した後、スタッフの方がおろしてくるので、出てくるまで少し時間がかかります。
なかなか出てこないと心配になるときもありますが、だいたいちゃんとでてきます。
万が一本当に出てこない場合は、空港スタッフに相談しましょう。
 
自分の荷物が出てきたら、普通にとってしまってOKです。
似たようなカバンがあるときもあるので、しっかりタグなども確認しておきましょう。
 
 

■税関検査

荷物をピックアップできたら、税関申告所を通過します。
日本を出発するときの税関と目的は同じで、持ち込みしちゃだめなものを持っていないかのチェックです。
 
飛行機の中で、税関申告書を渡されますので、記入したものをご提出ください。
何も持ってなければさっと通過できます。
 
スーツケースなどを開けられることもたまにありますが、素直に指示にしたがってください。
持ち込み制限があるモノが入っていなければ特に心配することはないです。
 
 

■到着ロビーへ

税関も通過したら到着ロビーへすすみます。
ロビーまで来たらもう外に出れますので、学校スタッフとの待ち合わせ場所へ行ったり、タクシーで移動したりできます。
 
 

まとめ

基本的に、どの空港でも出発時・到着時にやることはほとんど同じです。
 
決められた流れがあるので落ち着いて一つ一つクリアしていけば特に問題なく進んでいけます。
 
そのため、上記を把握しておいてもらえれば、あせらずに空港内を移動できるかと思います。


関連記事

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー