留学広場 > ニュージーランド > オークランド > ニュージーランド王国留学体験記(NZLC)―初日のスケジュール―

2017-01-25

ニュージーランド王国留学体験記(NZLC)―初日のスケジュール―

f:id:cebuichi:20170125114110j:plain
こんにちは。ノバリのYuです。世界各国の英語学校を留学していると、英語のなまりについて聞かれることがあります。結論は、英語のなまりがない国はないと言えます。私の考えは、移民を多く受け入れている国は多国籍なので、それぞれの方が特徴的な英語を話します。英語はコミュニケーションツールなので、幅広い対応が出来た方が良いと思います。ただ、どこの国でも先生方はきれいな英語を話すので、ご心配なく。

初日のスケジュール

f:id:cebuichi:20170125114109j:plain

時間 内容
08:00―09:10 Check in/Speaking Tests
09:10―10:10 Placement test
10:10―10:45 Hand back documents
10:45―11:05 School Tour
11:05―11:55 Orientation
11:55―12:10 Homestay orientation
12:10―13:00 Lunch
13:00―13:15 Class placement slips
13:15―15:15 Lesson
15:15 End of the day/Student support/Conversation practice/

オリエンテーション

f:id:cebuichi:20170125114107j:plain
オリエンテーションは、基本的に学校のルールを説明します。例えば、English Only Policyの徹底などです。こちらも徹底出来ていないと留学の効果は半減しますね。Course Optionの説明では、CELTAやTeacher Training(TESOL/TECSOL)のことも触れられました。先生の資格を取得するための授業なので、NZLCのクオリティを感じますね。Transport Discountの案内では、Studying16+Weeks=Bus Discountが可能との情報提供がありました。新入生には、必要不可欠の情報が盛りだくさんだったように思います。

新年度すぐの入学

f:id:cebuichi:20170125114108j:plain
私は1月の最初の月曜日に入学したのですが、何と100人以上の新入生でした。オリエンテーションも3つか4つ位のグループに分かれて行なっておりました。これは初めての経験でしたね。ただ、クラスメートも新入生ばかりなので、非常に仲良くなりやすいです。留学生にとっては、新入生が多い方が、変なしがらみがないので、コミュニケーションをとりやすいと思います。

まとめ…1年の節目の月は新入生が多く、良好な人間関係を作りやすいです!

大人数の新入生をフォロー出来る学校は、システム化が進んでいる証拠です!


関連記事

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー