留学広場 > マレーシア > クアラルンプール > マレーシア留学体験記(English Language Company)―私の先生と授業―

2016-12-22

マレーシア留学体験記(English Language Company)―私の先生と授業―

f:id:cebuichi:20161222154543j:plain
こんにちは。ノバリのYuです。英語教育に力を入れている国として、フィリピンとインドの語学学校に過去留学経験がありますが、マレーシアも、とても気になっておりました。私の知る限り、先生の国籍はマレーシア人,タイ人,ハンガリー人,南アフリカ人,ニュージーランド人,イギリス人と多彩です。この学校は、Speakingをとても重視する教育システムを持っているように感じました。授業中のActivitiesがとても多く、話す機会が多く設けられています。まさに、日本人に必要な教育方法ですね。

203a NAV

f:id:cebuichi:20161222154547j:plain
この授業は、Teacher Tanです。タイ人なのですが、小学生の頃、ヨーロッパに住んでいたので、英語の発音もネイティブのようでした。彼女から、1日3時間程学んだのですが、とにかく授業に工夫を凝らしていて、楽しいActivitiesが多かったですね。例えば、「Tasting food is so much fun.」「I don’t like eating sweet food.」「Are you good at eating fast?」等ingの異なる形式を教わると、A4用紙にこの3つの形式のingを使用して文章をつくります。その後、文章の書いてある用紙を丸めてボールにし、生徒同士でボールの投げ合いをします。自分の書いたものが手元になくなり、他人の書いた文章のボールを3つ程持つと次のActivitiesが始まります。丸めたボールを開いて、他の生徒と会話をしながら、自分の書いた文章を探さなければなりません。又、ある時は単語を書いた紙が教室の壁に貼ってあります。それをType of dishやIngredient等の項目に分けるActivitiesもありました。生徒同士のコミュニケーションとSpeakingに力を入れた授業でしたね。彼女はアイディアも豊富で、生徒が楽しく英語を学べるように、毎回創意工夫しておりました。

SLV 2c

f:id:cebuichi:20161222154548j:plain
この授業は、Teacher Samです。イギリス人のジェントルマンです。彼の授業はSpeakingです。彼の授業も面白かったですね。例えば、「Small talk」のポイントとして、①Repeat question(Can you?)②Repeat words(Two years!)③Showing interest(Wow!)④Wh-question/follow-up question(Which restaurant did you go to?)などを意識すると良いとアドバイスされ、その後で生徒同士のActivitiesを行ないました。又、「Discussion」の授業では、「Education should be free.」「Murderers should be executed.」などのテーマが与えられて、賛成と反対に分かれて、ひたすら議論します。Speaking力を上げるためには、いろいろな工夫が必要ですね。

English Extras

f:id:cebuichi:20161222154550j:plain
この授業は選択制の授業です。私は、Writing,Pronunciation,Conversation,Ted talkなどの授業を受けました。Teacher KarolinaのConversationは、テーマが服とファッションでしたので、服好きの私は一人で盛り上がりました。(笑)授業の際、シリア人の友人のMoamenからアラビアンスタイルのことを教えてもらいました。ファッションも奥が深いですね。

まとめ…マレーシアの先生方は多国籍なので、世界の英語を学ぶことが出来ます!

ネイティブの先生に拘らず、スキルを持つ先生に拘った方が英語は上達します!


関連記事

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー