留学広場 > マレーシア > クアラルンプール > マレーシア留学体験記(English Language Company)―時間割と同期との食事

2016-12-22

マレーシア留学体験記(English Language Company)―時間割と同期との食事

f:id:cebuichi:20161222154542j:plain
こんにちは。ノバリのYuです。周辺ツアーが終わり、プレゼンテーションの際には、既に時間割が作成してありました。シドニーに本校があり、実績のある学校は、やはり学校運営の蓄積がありますね。今回、私の同期はサウジアラビア人3人,韓国人1人,そして日本人の私の計5人でした。「Where do you come from?」,「What do you do?」などと積極的に話しかけ、早く友達をつくりたいですね。

時間割

f:id:cebuichi:20161222154537j:plain

Lesson Your class Teacher
09:00―11:30 203a NAV Tan
12:00―13:00 203a NAV Tan
14:00―15:00 SLV 2c Sam
15:15―16:15 English Extras (選択制のため、先生は毎回変わります)

*クラスは初日のテストの結果により、6段階に分けられます。初日から、午後の授業を2つ受けれるのは、嬉しいですね。初日に授業がない学校も多いので。

初日のテスト

f:id:cebuichi:20161222154538j:plain
テストは、Grammer10問,Vocabulary30問,Use of English30問の計70問あります。WritingとSpeakingのテストも別途あります。問題も少し難しく、量もあるので、時間内に終えるのは中々大変でした。(苦笑)尚、Speakingのテストは、アカデミックマネージャーのマイクが行ないます。生徒のレベルをしっかり見極めたいのでしょう。私のレベルは、Intermediateでも、いつもよりも一つ低いレベルでした。テストの相性が悪かったのか、それともレベル分けが厳し目だったのか、どちらかでしょうね。テストはあくまでもレベル分けの目安なので、あまり気にするのはやめましょう。

同期との食事

f:id:cebuichi:20161222154542j:plain
プレゼンテーション終了後、同期のサウジアラビア人のAhmadと韓国人のSuyeonと一緒にランチに行きました。Ahmadは政府の役人で、かなりのお金持ちです。世界を飛び回っていて、いろいろと意見交換させていただきました。今回のマレーシア留学では、彼と一番仲良くなり、リアドか東京でいつか再会する約束もしました。Suyeonはマレーシア大好き女子で、長期留学後はマレーシアで仕事をしたいようです。留学という機会を通して、生徒一人一人の夢が実現すると良いですね。

まとめ…友達をつくるコツは、共通の話題作りと積極的に話しかけることです!

名刺や一眼レフカメラを活用すると、フレンドリーさが伝わり、友達が増えます!


関連記事

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー