留学広場 > 留学体験記 > KAPLAN > カナダ留学体験記(KAPLAN VANCOUVER)―私の教師と授業―

2016-09-27

カナダ留学体験記(KAPLAN VANCOUVER)―私の教師と授業―

f:id:cebuichi:20160927131513j:plain
こんにちは。ノバリのYuです。授業で良い雰囲気をつくるのに、国籍比率の多様性が大事ですが、意外と生徒の年齢層も大切です。社会人経験のある20代半ば以上の方は、学生が多く集まる春休みと夏休みは避けた方が良いかもしれません。私が留学した時期は、日本人の学生はそんなに多くは滞在していなかったので、割と落ち着いた雰囲気で勉強出来ました。又、KAPLANはクオリティに見合うように学費も少し高い設定になっております。そのため、50代や60代の生徒もいて、良いバランスの年齢層が形成されておりました。

AM Intermediate D

f:id:cebuichi:20160927122243j:plain
この授業は、Teacher Jamieです。身長が約2mもあり、プロレスラーのような体格をしております。(笑)ただ、体格同様に授業も安定感がありました。主にK+notesを使用して、授業を進めました。K+notesの問題を解くだけでなく、自分の専門を3つ紙に書いてグループで意見交換したり、What would you doの後に質問を20個考えなさいと言ったり、仮定法過去の問題をペアで背中合わせになりSpeakingしたりとグループで学習を深めるきっかけをつくってくれました。グループやペアの相手も、アジアの方や南米の方が一緒にならないように工夫を凝らしてくれたのも良かったですね。

SP Intermediate Listening&Speaking

f:id:cebuichi:20160927131511j:plain
この授業は、Teacher Effieです。教師のSpeakingのスピードは大変早く、最初は中々理解出来ませんでした。授業の内容は、バラエティに富んで面白かったです。文章を読む時にも、リズムで読みなさいと具体的にアドバイスされたり、単語を読む時にも、どこにアクセントがあるかなどネイティブならではの活きた英語を学べました。洋楽を聴きながらのディクテーションもやったのですが、私はほとんど聴き取りが出来ませんでした。(苦笑)Listeningはいつも私の課題です。

K+notes

f:id:cebuichi:20160927131512j:plain

いわゆるKAPLANのテキストブックです。流行りの文化や時事問題を反映出来るように、定期的に改定されているようです。例えば、「What would you do?」というテーマの場合、Speakingでも、Readingでも、Writingでも繰り返し、それに関わる問題が出て来ますので、自然と「What would you do?」が使いこなせるようになります。効果の出るエクササイズが盛り込まれています。やはり、学習の王道は、何度も何度も使いこなせるまで、繰り返しが必要かもしれません。

まとめ…知識も使いこなせて初めて力になるので、繰り返し練習しましょう!

K+notesは薄くて使いやすいので、予習と復習も常に心掛けましょう!


関連記事

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー