留学広場 > 留学体験記 > KAPLAN > カナダ留学体験記(KAPLAN VANCOUVER)―留学先のKAPLAN―

2016-09-26

カナダ留学体験記(KAPLAN VANCOUVER)―留学先のKAPLAN―

f:id:cebuichi:20160926130750j:plain
こんにちは。ノバリのYuです。私が留学したKAPLANという英語学校は、イギリス,アイルランド,オーストラリア,ニュージーランド,カナダ,アメリカ等世界各地で展開しております。VANCOUVER校は、街の中心部に位置し、周辺は世界でも名高い有名ブランドが立ち並び、ファッショナブルなお店がたくさんあります。留学の総費用,学校の雰囲気そして生活上の注意点など気付いた点をお伝えしますね。

期間と総費用

f:id:cebuichi:20160926130752j:plain

項目 内容
期間 9月11日から9月24日
学費 入学金160ドル+2週860ドル+テキスト2週20ドル=1040ドル
生活費 約300ドル+α (+αは観光などの別途費用です)
その他費用 ホテル代 約21万円,航空券代 約12万円
総費用 約45万円 (カナダドルは1ドル約80円で計算しております)

ホテル滞在の留学は、費用は高くなりますが、社会人の短期留学には向いています。私は、ロブソン通りにあるThe Empire Landmark Hotelに滞在しました。学校まで徒歩10分程そして、街の中心を毎日歩けたのは、カナディアンカルチャーに触れる意味でも、良かったですね。

学校の雰囲気

f:id:cebuichi:20160926130753j:plain
私が留学した時期の生徒の国籍比率は、ブラジル人約20%,日本人約20%,韓国人約20%,メキシコ人約10%,コロンビア人約10%,サウジアラビア人約10%,その他約10%といった感じでしたかね。たまたまだったのかもしれませんが、日本人が少ないという学校の評判でしたが、学生の夏休みと重なったこともあり、日本人と韓国人が多かった印象です。KAPLANブランドで質の高い生徒が集まっており、かつ学校内は英語しか話せないので、あまり気にならなかったですかね。日本人同士で英語を話せたのも良い経験になりました。

生活上の注意点

f:id:cebuichi:20160926130751j:plain
物価は、全体的には日本よりも安いと思います。ただ、それなりのお店に入ると、チップを12%から25%程支払う習慣あるので、注意が必要です。至るところにフードコートやスーパーマーケットがありますので、上手に活用したいですね。尚、テイクアウトの昼食も日本人の口に割と合う料理が多かったです。野菜料理や果物もカナディアンに好まれているようで、種類も豊富でした。バンクーバーはアジア人も多いので、日本人が海外生活する上で快適に過ごせる場所の一つですね。

まとめ…教育の質が高いという評判の学校は生徒の質も高い印象を受けます!

高級ホテルで飲むコーヒーは値段も安く、日本人も少なく穴場スポットです!


関連記事

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー