留学広場 > 留学 お役立ちコラム > 観光情報 > マルタ共和国留学体験記(EC MALTA)―イタリア(フィレンツェ)の特色と観光―

2017-07-31

マルタ共和国留学体験記(EC MALTA)―イタリア(フィレンツェ)の特色と観光―

こんにちは。ノバリのYuです。ミラノからヴェネツィアそして次の観光地はフィレンツェに行くのが定番です。鉄道で約2時間で行くことが出来ます。私が20代でフィレンツェを訪れた時は、小さな街でそれほど衝撃を受けなかったのですが、今回訪問して、ルネッサンスの香りがする大人の街であることを再発見しました。花の都は、落ち着いた雰囲気を持つ洗練された美しい都市でした。

ドゥオーモ


ドゥオーモの正式名称は、サンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母マリア)大聖堂です。ドゥオーモ,ジョットの鐘楼,サンジョヴァンニ洗礼堂の3つの歴史的建築物で構成されています。1296年から140年以上の歳月をかけて建設されたドゥオーモは花の都フィレンツェの中心に位置し、フィレンツェのシンボルになっております。ルネッサンス時代の建物が残っているのは、感慨深いですね。

シニョリーア広場


シニョリーア広場には、市役所のヴェッキオ宮殿,彫刻が並ぶロッジア・デイ・ランツィなどがあり、屋外美術館のような雰囲気を醸し出しています。ヴェッキオ宮殿の入口には、ダビデ像のレプリカがあります。広場の他の有名彫刻は、「ネプチューンの噴水」「ヘラクレスとカクス」「サビーネ女の略奪」「メドゥーサの首を持つペルセウス」などがあります。私の感覚では、街そのものが美術館のようです。(笑)

ウッフィツィ美術館


メディチ家歴代が集めた美術作品があり、ルネッサンス絵画が豊富に展示されています。有名な絵画は、ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」「春」,ダ・ヴィンチの「受胎告知」,ミケランジェロの「聖家族」,ラファエロの「ヒワの聖母」などがあります。それほど大きな美術館ではないのですが、満足度はかなり高い美術館ですね。場所はシニョリーア広場のすぐ近くにあります。

まとめ…ルネッサンスの偉大な芸術家が勢揃いし、過去の栄光を伝える街です!

花の都には感性を刺激し、感性を磨き、創造性を発揮出来る要素があります!


関連記事

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー