留学広場 > 留学の手引き > 留学ではお金をどう持っていけばいいのか?便利で安全な方法は?

2019-04-06

留学ではお金をどう持っていけばいいのか?便利で安全な方法は?

いざ留学に行くと決めて、準備をしているときにお金をどうやって持っていくかで困ったことはないでしょうか。
旅行のように期間が1週間くらいであれば、現金だけで持って行ってもいいと思えるかもしれません。
でも留学のように一ヶ月や三ヶ月、それこそ半年や一年になれば、全額現金で持っていくなんて怖くてできませんよね。
 
「治安も心配だし。。」
「海外ではスリとかに気を付けて!と言われるし。。」
などと悩んでいたら折角の留学も楽しめないかもしれません。
 
そこで、ここでは留学でお金をどのように準備するかについてまとめてみましたのでご参考にしてくだい。
大まかにはお金を持っていく方法としては、下記3つがあります。
 
1:現金で持っていく
2:クレジットカード
3:デビットカード or 海外プリペイドカード

 
 

■現金で持っていく

日本円または現地通貨で持っていく方法です。
 
■メリット
いつもニコニコ現金払いで一番使いやすいです。
 
■デメリット
スリや紛失などの危険が隣り合わせなのが悩みどころです。
現金だけで持って行き、全部なくしてしまうなんてことになったら大変です。
そのため、現地通貨で持っていく金額は最低限だけ持っていくことをおすすめしています。
現地到着した日の交通費やお水や食事代、チップ分などだけにしたほうがよいと思います。
 
 

■クレジットカード

現金を持っていなくても支払いができる便利なクレジットカードです。
クレジットカードを持っている方は1~2枚程持っていかれるのをおすすめします。
 
■メリット
欧米で留学生が多く行くような都市はクレジットカードも普及しています。
ショッピングモールや、レストランなどある程度大きなお店だけでなく、小さなカフェなどでもクレジットカードを使えることは多いです。
 
■デメリット
ただ、カードブランドは注意が必要です。海外ではVISAやMasterがメインで、JCBは普及してないこともあります。
自分のクレジットカードがどのカードかを事前に確認しておくのをおすすめします。

あと、限度額も注意です!
外食や買い物をよくする方は、気づいたら限度額いっぱいになってたなんてこともあります。ショッピング枠の限度額と、今いくら使ってるかは気にしながら使ってください。
 
■その他
また、クレジットカードには、キャッシングというものがあります。
現地のATMで必要な金額を引き出すことができる機能です。
ただ、キャッシングはお金を「借りる」ので、いわゆる「借金」です。
そのため、返済に金利が掛かったりとデメリットもあるので、使う場合は仕組みや金利をしっかり調べてから使ってください。
 
 

■デビットカード

日本の銀行のほとんどで作ることができて、クレジットカードとほぼ同じような感覚で店頭で使うことができます。
クレジットカードと異なる点は、口座に入金されている金額までしか利用できない点です。
残高がなくなってしまったら、ご自身でネットバンキングや日本にいる家族の方などに入金してもらえれば再度残高まで使うことができます。

■メリット
さらに!海外のATMで現地通貨を引き出すことができます。
現金は最低限と上記でお伝えしましたが、手持ちの現金が不足したときにデビットカードで必要な分だけ引き出すことができるので安心です。

クレジットカードを作れない人などでもつくれるので、どんな方でも一枚用意しておくことをお勧めします。
※年齢制限や審査の有無は銀行によるのでご確認ください。

■デメリット
口座残高は確認が必要。
 
 

■海外プリペイドカード

簡単に言うと、デビットカードとほとんど同じです。
VISAなどの加盟店で、クレジットカードやデビットカードのように買い物ができます。
さらに、現地通貨も引き出しができるので、大金を持ち歩く必要もなく、必要な分をその都度引き出すことができます。

■メリット
デビットカードと異なるメリットとしては、通常の銀行口座とは違う、「プリペイドカード専用の口座」を開設する点にあります。
デビットカードは銀行口座と紐づくので、盗難や不正利用されたときのリスクがつきまといます。

海外プリペイドカードは、銀行口座とは違う専用口座をつくるので、何かあってもあきらめがつくと思います。
そのため、銀行口座とは分けておきたい高校生の親御さんになどにもおすすめです。
海外プリペイドカードについてはこちらの記事もどうぞ。

■デメリット
作るのに2~4週間ほどかかるので、留学直前だと用意が難しい。
 
 

■まとめ

基本的には上記のような方法が、お金の持って行き方としてメインで考えられます。
その中で、何が良いかは、留学する期間や、年齢、どの程度遊ぶかなどでも選択肢は変わってきます。
個人的なおすすめとしては、上記3つ全部準備していただくと、安心して渡航してもらえる思います。

高校生や大学生などで、クレジットカードが作れない場合は、現金とデビットカードor海外プリペイドカードだけでもOKです。
最低限の現金と、現地通貨を引き出せる手段として、デビットカードか海外プリペイドカードを持っておくと本当に便利です。
 
安心して留学を楽しめるように、ぜひ参考にしてください。


関連記事

  • 留学に持っていく荷物は何を準備したら良いの?

    留学の申込が完了したら、荷物の準備を始めていきます。 しかし、初めての留学だと、何を持っていけばいいのかイマイチ分からず困ってしまいますよね。 足りないもの…

  • 留学に出発するまでの手続きの流れは?

    はじめての留学は分からないことだらけです。 どんな手順で準備していったらいいのか、決めることも多いのでどうしても大変だなと感じてしまう人も多いです。 国…

  • 初心者必見!空港での手続きの流れ

    空港での手続きの流れをご存知でしょうか?   はじめて海外に行く人や、飛行機を使ったことがないという方には、何をしたらいいのかわからないものだと思います。 …

  • 航空券の種類と取得方法について

    海外に行くために必ず購入する「航空券」です。   海外旅行に行く程度であれば、なんとなく安い航空券をインターネットで購入したりしているかと思います。   …

  • パスポートとビザの違いと、取得の方法は?

    留学するために、絶対に必要になってくる2つのものがパスポートとビザです。   パスポートがとんなものかは何となく分かる方も多いと思いがビザとの違いをちゃんと…

検索

最新記事

このサイトについて

留学広場へようこそ!当サイトでは、「留学ジャーナリスト」が世界各国の英語学校で実際に留学をし、体験記形式で学校情報や文化・生活・観光情報などをお届けしております。留学経験豊富なプロが現地調査することによって、世界中の語学学校を徹底比較していきます。

留学広場が本になりました

セブで人気の英語学校を徹底比較

留学保険比較

カテゴリー